読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Slerってエクセル作業員でしょ?

WEB,Sler,エンジニアの内容中心。あとは雑記,日記

日本でも米国でもSEは同じなのかなって考えてみる

米国ではソフトウエアエンジニアが最も輝ける仕事にベスト1らしい。

 

逆に日本では皆さんご存知の通り、3Kの仕事のイメージ

・きつい

・きたない。

・帰れない

 

なんでこんな違いが生まれるのだろうか?

 

敷居の違いで生まれてくる差ではないか

米国では、コンピュータ工学でコンピュータのことを学んだものだけが門戸が開かれるらしい

 

日本では、文系、理系関係なく、だれでも入りやすい。

やる気があれば、OKぐらいのハードルである。

 

評価システムの違い

プログラミングの評価の違い

米国ではプログラミングができることがステイタスであるように思える。

日本ではプログラミングは通過点であり軽視している傾向に有ると思われる。

 

給与の違い

米国:850万円(※1)

※1: Software Engineer Salary

日本:450万円(※2)

※2:Software Engineer Salary (Japan)

400万円もの差が発生している。

 

 

このような背景があるため、米国と日本のSEに実力の差が生まれてくるのではないか。

もっとシステムエンジニアのハードルを上げることが必要であり、

国レベルでの教育レベルの向上・そしてSEのイメージの払拭・環境整備

など課題は山ほどあるが、一つづつクリアする必要がある。